焼肉レシピ

焼肉【もみダレ】基本のレシピは2つだけ!お肉を美味しく柔らかく

醤油の焼肉もみダレ

こんにちは!おうち焼肉大好き主婦のゆぅです!

スーパーで買った特売のお肉をそのまま焼くと、硬い!なんだか臭い!なんてことありませんか??

ゆぅ
ゆぅ
お手頃価格のお肉でおうち焼肉をするなら、断然タレで漬け込むことをおすすめします!

お肉をタレで漬け込むことで、お肉を柔らかくする効果があり、お肉の臭みを消してくれます!

高級なお肉が手に入った時は別ですが、ふだんのおうち焼肉には是非もみダレに漬け込みましょう!

もみダレの味のバリエーションを変えれば、一層おうち焼肉を楽しむことができますよ!

焼肉漬け込みタレのレシピ

もみダレに漬けた肉

市販の焼肉のタレで漬け込むだけでも美味しくできますが、簡単におうちで手作りできるタレのレシピがあります♪

我が家のおすすめ、漬けダレのレシピをご紹介いたします。
基本の2つの味の漬けダレで、簡単にアレンジもできますよ!

ゆぅ
ゆぅ
しっかり味なので、焼いたあとはそのまま頂けます!

簡単美味しい!醤油ダレ

醤油の焼肉もみダレ

一番ノーマルな、飽きのこない味付けです!
我が家の子供たにも大人気です。

【材料】

醤油 大さじ4
砂糖 大さじ2
大さじ1
にんにく 1かけ
長ネギ 10cmほど
煎りゴマ 少々
コショウ 少々

【作り方】

にんにくはすりおろし、ネギは刻みます。
材料を全て混ぜ、ボウルやビニール袋に入れたお肉と一緒にもみ込みます。

【アレンジ】

コチュジャンで辛味を加えれば、ぴりりと辛い大人向けに。
玉ねぎやリンゴのすりおろしを少々加えると甘みがプラス、そしてお肉が柔らかく仕上がります。材料がある時はぜひ!!

レモン塩ダレ

レモンの焼肉もみダレ

鶏肉や豚バラ肉におすすめの、さっぱりレモン塩ダレです。

【材料】

レモン果汁 大さじ4
小さじ2
鶏ガラスープ素 小さじ2
ごま油 大さじ2
長ネギ 10cmほど
黒コショウ 少々

【作り方】

長ねぎをみじん切りにして、全ての材料を合わせる。
お肉を漬け込み、30分以上~ひと晩置く。

ゆぅ
ゆぅ
さっぱり食べられるので、お肉がすすみます!

【アレンジ】

鶏ガラスープの代わりにハーブソルト適量、ごま油の代わりにオリーブオイルにすれば、ぐっと洋風になります!

もみダレで漬け込んだ焼肉は、塩コショウのみの焼肉に比べ、ニオイと煙は多くなります!

長ネギを加えている分鉄板が汚れやすくなります。気になる方は長ネギなしでも十分美味しいですよ!

 

漬け時間はどのくらいがベスト?

漬ける時間は30分から、一晩冷蔵庫に置いても大丈夫です。
漬け時間が長ければ長いほど味は濃くなり、お肉は柔らかくなります。

人によって好みの漬け時間は異なると思いますので、いろいろ試してみてくださいね!

ゆぅ
ゆぅ
ちなみに、私の好みの漬け時間は半日くらいです!

焼く30分ほど前に冷蔵庫から出して、常温に戻してから焼きます。

 

お肉とタレの分量の割合は?

お肉の分量に対して、20~25%ほどのタレで漬け込みます。
上記のレシピで、400~500グラムほどのお肉が浸かります。

 

まとめ

醤油味、レモン味の基本の2つの漬けタレで、お家焼肉が美味しく楽しめます。
少し調味料を変えたり加えたりすることで、甘辛味や洋風に変身!
その日の気分で、使いわけてみて下さい。

ニオイや煙を最小限にしたい方にはあまりおすすめ出来ませんが、バーベキューなど屋外での焼肉にはぜひお試し下さいね!!

 

ABOUT ME
ゆぅ
おうち焼肉が大好きすぎる主婦、ゆぅと申します。安くて美味しい、時には贅沢なおうち焼肉を堪能するのが幸せ。 おうち焼肉に関するお得で美味しい情報をお届けします。 富山県在住。